FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ひとの要素と生活背景から臨床をみる』

『ひとの要素と生活背景から臨床をみる』 

語る会1

語る会2

語る会3



 我々の歯科医療は「ヒト」の治療を通して「人」を治す医療でありたい。患者の心理や社会的側面などを幅広く考慮しながら、人を総合的にみる診断や治療を行う全人的医療が重要と考えます。その点で押見先生の臨床哲学に共感します。ひとの要素は大きなウェイトを占めますが、主観的になり症例発表では難しい場合があります。その中でも生活背景や性格は客観性を持つ要素であり、臨床に役立つと考えられます。生活背景の変化によりストレスを感じたり、自己管理する時間や意識の欠落により口腔内環境が著しく変化することを経験しています。

第1症例は、18歳女子大生、性格は優しく真面目内気清楚。自由な学生生活から就職後社会の軋轢に耐えきれず、ストレスによるクレンチングで問題が生じ顔貌が著しく変化した症例。転職転居で改善。第2症例は、50歳主婦、性格は優しく真面目。花粉症と娘の受験の心配事での睡眠不足と夜間のクレンチングにより問題を生じた症例。受験後と花粉対策で経過良好。第3症例は、58歳主婦、性格はおおらかでのんびり屋。親の介護に翻弄され自身のケアーをする時間や意識が欠落し、口腔内環境が悪化した症例。ケアーの必要性、Ca拮抗剤変薬で良好。

トラブルとなる症例は、やはり力の問題が主因であり、生活背景が影響している。
【生活背景 ⇒ 精神的ストレス ⇒ ブラキシズム ⇒ 力⇒ 咬合崩壊】の図式が考えられる。
生活背景の問題が精神的ストレスに移行するかどうかは、患者の性格による感じ方や許容量に関係する。昔から『病は気から』と言われているが、元凶は『精神的ストレス』であると考えられる。治療中や経過にトラブルを生じる症例は、生活背景に問題があり精神的ストレスが主因となり、主観的・相対的なため患者自身が気づき自ら解決するように誘導することが重要となる。
スポンサーサイト

歯周組織を再考する 骨と歯根間の生物学的幅径

歯周組織を再考する 骨と歯根間の生物学的幅径

 歯科臨床の中で歯周外科・歯牙移植・再生療法を取り入れることにより、歯牙保存や歯周環境の改善に役立ち臨床の幅が広がることを経験している。その基軸になるものは歯根膜組織であり、発生学的に三位一体としての外胚葉性間葉組織の歯根膜組織・セメント質・固有歯槽骨が歯周組織の治癒や再生に関わる。歯周疾患の主な原因は炎症と力であるが、歯周治療に関してX線透過像と歯根膜組織や固有歯槽骨との関係、治癒機転の結合組織性付着と長い接合上皮性付着そして歯根吸収や癒着が常に関わってくる。
 従来の歯周外科・再生療法・再生再植・歯牙移植など歯根膜組織を中心とした治療には、共通した内容が包含すると考えられる。

X線透過像とは、何か  
歯周ポケット上皮・長い接合上皮性付着・結合組織性付着(歯根膜組織)
結合組織(炎症により脱灰しているが骨基質は残っているため再石灰化する可能性がある)であると考えられる。

移植時に機械的に歯根膜が損傷した部位や歯根膜がない部分が、骨面に接触すると骨癒着を生じる可能性がある。ドナーとソケットにスペースがあり、歯頸部が辺縁歯肉で封鎖されている場合の方が骨癒着が生じにくく、歯根膜の恒常性のために自然挺出が見られる。

再生療法で歯根膜が再生したとすると移植後に歯根膜の存在する位置まで固有歯槽骨が再生するのと同様な再生が起きる筈である。抜歯窩の治癒と同様、歯根面の起炎物質がなくなると骨頂が平坦化する位置まで骨レベルが回復する。歯根膜が再生したか不明である。



ブログ1


ブログ2



アップライト MTM

アップライト MTM

アップライトMTM700

右下6の欠損を放置すると右下7が近心傾斜してきます。また、上顎6も自然挺出し咬合関係が悪くなります。この状態では右下の補綴処置ができないため、右下7をアップライトします。オープンコイルやアップライトスプリング、矯正用インプラントなどを利用することでMTMをおこなうことができます。歯軸を整直させることにより、有髄のまま支台とすることができるだけでなく、垂直的歯牙負担能力は水平の63倍となります。

症例の提示に関しては、患者さんのご快諾を得ています。

埋伏歯のMTM

埋伏歯のMTM

埋伏歯のMTM700


右上の犬歯が埋伏状態です。CTによる3次元的な画像診断では、犬歯の歯冠部が第一小臼歯の頬舌根と乳犬歯の歯根に挟まれた状況です。犬歯のためのスペースを開け、小臼歯の舌側根を遠心に振ることで自然挺出を促しました。しかし、歯根がほぼ完成しているため、ある程度までしか期待できません。それ以上はMTMにより矯正的挺出をはかり、本来の位置にすることで犬歯の機能と審美性の回復を得ることができました。

症例の提示に関しては、患者さんのご快諾を得ています。

審美性 歯槽堤増大術

審美性 歯槽堤増大術

審美性歯槽堤増大術700

歯根破折や重度の歯周病など抜歯の条件が悪い場合には、抜歯後に顎堤が極度に陥凹してしまうことがあります。想定される場合には、人工骨を補填するなどにより歯槽堤の吸収に対応することができます。この症例のように既に極度の陥凹を生じている場合には歯槽堤増大術をおこないオベートポンティックにすることで欠損であることがわからない様に審美性を回復することができます。


症例の提示に関しては、患者さんのご快諾を得ています。
プロフィール

松井歯科医院

Author:松井歯科医院
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。