FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

諸星裕夫先生を偲んで

諸星裕夫先生を偲んで

月刊「接着臨床による歯根破折からの生還」

 諸星裕夫先生は、本当に素晴らしい先生でした。
二度と諸星先生のような方には巡り会えないと思っています。
亡くなられた夜にお邪魔し優しい御尊顔に触れた時、温もりが指先に伝わって来て、楽しかった思い出が走馬灯の様に脳裏に浮かんで涙が止まらなくなってしまいました。
 私が郷里の平塚に帰って歯科医師会に入会した時、深夜まで飲んで意気投合した諸星先生との出会いが一番嬉しかったのを覚えています。
それが切っ掛けで、年も一つ違いのため俺とお前は兄弟だからなといつも目に掛けて下さいました。それからはいつも諸星先生が道標になって、平塚歯科医師会では学術委員会の委員長と理事に、そして、神奈川県歯科医師会の学術委員にと導いてくださいました。
平塚矯正研究会やスキー部でも一緒に学び楽しみ、飲みに行けばお互いに帰ると言う言葉を知りませんでした。カラオケでは「北の漁場」がお好きで声を張り上げ目一杯の声量で満足げに歌っていました。それがいつからか優しい声で「幸せになろうよ」を歌われることが多くなり、ひょっとしてこの時から限られた人生を感じ取られ、残された時間を大切に悔いが残らない様にできる限り精一杯生きようとされていたのかと思い出されます。
 学術委員会の時に新築されたばかりのご自宅に委員をお招き下さり、マントルピースやサウナ、ワインセラーそして地震の時には自動ロックする最新型の食器棚を嬉しそうに満面の笑みで自慢されていました。眞坂信夫先生とともに接着歯学の大家として日本の歯科医療をリードされていましたので、皆で釘一本も使っていない「接着御殿」だねというとそうなんだよスーパーボンドを1万本使ってあるんだと満足げに冗談を飛ばされていました。
学術担当理事最後の時には、京都に皆で行こうと回遊式日本庭園の傑作とされる桂離宮を1年も前から予約され、引き上げ湯葉の美味しい店や一見客が入れないような料亭、そして、接着のサンメディカルの工場見学まで盛り沢山の企画だったのを覚えています。
何事にも積極的で頼まれれば断ることをされないため、13〜15も要職を兼任されていつも手帳はスケジュールで真っ黒でしたが、「忙しいんだよね」と言いつつも目を輝かせ嬉しそうでした。会員のために長期に渡り国保審査員としてご尽力下さり、病理で博士号を取得され研究を活かした接着歯学の集大成「接着臨床による歯根破折からの生還」を成書として世に出版されたことに感服するとともに、自らの人生を歯科臨床のために人のために生きるという人生目標を抱かれ実現されてこられたことに敬服しております。
 自慢のご子息は長男は矯正の大学院、次男は診療所を任され、長女も卒業され立派になられていて、親業としてやるべきことはすべて行ったと自負されていると思います。
あまりにも短かった人生で残念ですが、素晴らしい生き様だったと未だ胸の中に熱いものが残っています。
     「刹那のごとく人生は短い、極めて短い時間を大切に生きよ」
と最期まで私の兄として、人生の師として教えを残されました。
願わくばもう少し一緒に学び楽しみたかった。
ご葬儀の手伝いをした我々にまで月刊「接着臨床」をお礼にと最期の最期まで心遣い気遣いをされて、誰からも愛され、慕われ、尊敬された素晴らしい先生でした。
天上人となられ温かくご家族をお守りお導きください。
諸星裕夫先生、人生を共有出来たことを心より深謝致します。         合掌
 
                                    松井宏榮

スポンサーサイト
プロフィール

松井歯科医院

Author:松井歯科医院
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。