スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ひとの要素と生活背景から臨床をみる』

『ひとの要素と生活背景から臨床をみる』 

語る会1

語る会2

語る会3



 我々の歯科医療は「ヒト」の治療を通して「人」を治す医療でありたい。患者の心理や社会的側面などを幅広く考慮しながら、人を総合的にみる診断や治療を行う全人的医療が重要と考えます。その点で押見先生の臨床哲学に共感します。ひとの要素は大きなウェイトを占めますが、主観的になり症例発表では難しい場合があります。その中でも生活背景や性格は客観性を持つ要素であり、臨床に役立つと考えられます。生活背景の変化によりストレスを感じたり、自己管理する時間や意識の欠落により口腔内環境が著しく変化することを経験しています。

第1症例は、18歳女子大生、性格は優しく真面目内気清楚。自由な学生生活から就職後社会の軋轢に耐えきれず、ストレスによるクレンチングで問題が生じ顔貌が著しく変化した症例。転職転居で改善。第2症例は、50歳主婦、性格は優しく真面目。花粉症と娘の受験の心配事での睡眠不足と夜間のクレンチングにより問題を生じた症例。受験後と花粉対策で経過良好。第3症例は、58歳主婦、性格はおおらかでのんびり屋。親の介護に翻弄され自身のケアーをする時間や意識が欠落し、口腔内環境が悪化した症例。ケアーの必要性、Ca拮抗剤変薬で良好。

トラブルとなる症例は、やはり力の問題が主因であり、生活背景が影響している。
【生活背景 ⇒ 精神的ストレス ⇒ ブラキシズム ⇒ 力⇒ 咬合崩壊】の図式が考えられる。
生活背景の問題が精神的ストレスに移行するかどうかは、患者の性格による感じ方や許容量に関係する。昔から『病は気から』と言われているが、元凶は『精神的ストレス』であると考えられる。治療中や経過にトラブルを生じる症例は、生活背景に問題があり精神的ストレスが主因となり、主観的・相対的なため患者自身が気づき自ら解決するように誘導することが重要となる。
スポンサーサイト
プロフィール

松井歯科医院

Author:松井歯科医院
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。