FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017.7.8 臨床歯科を語る会 分科会 事後抄録-7

歯牙保存に関しては、右下8を7に左下8を6に歯牙移植し、左下35はregrothによる再生療法を行ない、右上3は矯正的挺出、右下4は外科的挺出、下顎前歯はマイクロアンカー応用の矯正的圧下により可能な限り歯根膜・歯髄・歯質の保存をはかった。その結果、咬合高径の維持、咬合平面の改善、下顎歯列弓V字形をU字形に、犬歯ガイドを緩やかに、前臼歯咬合支持の付与を行なうことができた。マイクロアンカーは矯正移動の概念を変革させたと考えている。矯正的圧下挺出と外科的挺出や歯牙移植と再生療法を含めた歯根膜移動を臨床応用し改善した。



2017語る会 分科会7



スポンサーサイト
プロフィール

松井歯科医院

Author:松井歯科医院
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。