FC2ブログ

新潟『皆の・患者さんのためになる会』

新潟『皆の・患者さんのためになる会』

新潟『皆の、患者さんのためになる会』で発表させて頂く栄を賜り光栄に存じます。
『矯正用マイクロアンカーの臨床応用』ですが、活用することで臨床内容が格段に拡がることを経験しました。
是非とも、ご活用して頂ければ幸いです。
依田先生システムは、新たな領域に発展しそうで楽しみですね。
師走になって急に寒くなって参りました。
呉々もご自愛のほどお祈り申し上げます。

 現在、歯列不正に関して審美的なこともありますが、噛み合わせの改善希望の方が増えています。小児はもとより、成人から高齢者の方まで広範囲になっています。
注意すべきは、小児では歯周病はありませんが、成人や高齢者では歯周病の管理が重要となります。また、小児で第一大臼歯までの咬合ではなく、第二大臼歯までが咬合の完成となること。智歯による影響があるため、特に下顎の埋伏智歯も抜歯すべきと考え対応しています。さらに、CTの普及により、今までセファロでしか確認できなかった歯根と歯槽骨の関係が精査できるようになり、前歯部の歯根露出への対応が話題になって来ています。単に、歯冠を排列することから歯槽骨のどの位置に歯根が位置し安定しているかが重要となります。
 いままで、アンカーロスがあるために目標値に到達しにくかったことが、動かないアンカーの出現により診断後の目標値に3次元的に移動させることができるようになりました。その分、術者側に要求される精度が高まることになります。
特に、いままで難しかった遠心移動や圧下移動が可能となったことは福音ですが、新たな問題点に対応する注意が必要となります。
いろいろな問題点をクリアーすることでより良い治療が可能となります。
矯正やMTMの新たな時代の幕開けとなれば幸いです。



新潟1


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

松井歯科医院

Author:松井歯科医院
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR